2018年

2018年最初の月もそろそろ終わりです。
気づいたらまた12月になってそうですが、充実した一年にしたいなぁと思っています。

さて、昨年発売になった小林桂さんのアルバム “ザ・スタンダードⅡ” の発売記念ツアーが月曜日から始まっています。
月曜日はビルボード大阪で演奏し、金曜にはブルーノート名古屋、日曜にはモーションブルー横浜で演奏します。

素晴らしいメンバーと各地で一緒に演奏させてもらえるのがとても嬉しく、今後の演奏もとても楽しみです!!!

ちょっと楽器の話を。

もうずっとシンバルは決まった組み合わせでいつも使っていたのですが、ここ最近は演奏する場所や人によって使うシンバルを変えています。人によってはスティックを替えたりブラシを変えたり、また違うものを使ったりする人もいますが(僕はブラシは二種類を使い分けたりしますが、スティックは基本的にいつも同じ5B)同じスティックで持ち方や叩き方で音色をコントロールするのが今は好きです。あ、シンバルの話だった。

ライドシンバルは特にジャズではドラムセットの中で一番大事な楽器だと僕は思っていて、自分の声みたいな存在です。
なので前までは「これこそが自分の声だ!」っていう一枚でずっと演奏してたんですが、最近は自分の声と呼べるシンバルが何枚かあってその中から日によって選んでいます。なので家を出る前にその日一緒に演奏する人の音や声を思い浮かべて、あの人にはこれが合いそうだなとか、この人はこれだな、とかそんな感じで決めています。

その予想が当たる時もあればハズレの時もあるのですが、思い浮かべてあれこれ考える時間が結構楽しいです。

今日はなんかシンバルがいい感じだなぁとか、なんかいまいちだなぁとか感じたらぜひ教えてください笑

明日から後半戦

この間の火曜日から続いている小田村愁くんのトリオ、明日からツアー後半戦です。各地で演奏して、移動も共にして、演奏の内容もよりよくなってきて明日からがまた楽しみです。
彼の作曲、そして演奏も素晴らしいです。
京都、大阪のみなさまぜひライブ会場でお会いしましょう!
(予定はこちら)

それにしても音楽の評価は本当に人それぞれだなぁと感じる今日この頃。
なんだかんだそれらしいことを言葉にして批評しても、結局は主観的なもの。(そういったものを否定している訳ではないのです。) 
同じ演奏を同じ場所で同じ時に聴いても、良いという人もいれば悪いという人もいる。同じ人が同じ演奏を違う日に聴いたら、その日の気分やその日あったできごとで良いと思う日とそうでもないと思う日もある。

それで良いと思う。

そもそも聴く人が、評価は主観的なものだということを理解していないと、知名度とか、メディアへの露出度とかそういうことで判断してしまうのだけど。(日本に限らず、ものごとの評価を他人の感覚に任せる体質は改善しないといけない。)

絶対的な物差しがないから難しくて、そこが面白くもある、という。
音楽、芸術に限らず世の中そんなもんなのかな。
でも普遍的な何かはあると、個人的には信じています。

それに近づくために演奏する側として気をつけていることは、演奏している時に共演者をジャッジしないこと。それがどんなに音楽家としての大先輩でも、まだ楽器を始めたばかりの人でも変わらず対等に。
それから人の演奏をコントロールしようとしないこと。

普段だとなかなか時間がないのでツアー中にいろいろとメンバーと話し合えるのはとても有意義です。

ということで後半戦もよろしくおねがいします!!

ちゃんと

金沢のジャズストリートのコンペで柳原由佳ちゃんのトリオで準グランプリをいただきました。嬉しいです!

コンペ以外にもこのトリオで演奏が何度かあり、それとはまた別にいろいろな会場でいくつかのグループの演奏を聴く機会もありました。あまり人の演奏を聴く機会がなかった今日この頃でしたが、しっかり耳を使って音楽することを忘れてはといけないなと思いました。
「盛り上がればいい」みたいな音楽は、音楽への侮辱でしかない思った金沢の二日間でした。

丁寧に、丁寧に。自分の音を信じて奏でるのみ。

新作

参加させていただいたCDが今年もすでに何枚か発売されています。

“Trios II” / 安ヵ川大樹
D-musica 2015

“Momentary” + “Everlasting” / 佐藤恭子
Coplavinsky Music 2015

佐藤恭子さんのlittle orchestraの2つの作品は日々のライブ会場にも持っていくと思いますので興味のある方はお知らせください!