bio

則武 諒(のりたけ りょう)

1984年、愛知県名古屋市出身。14歳の時にドラムに目覚める。ロック、ヘビメタ、ハードロック、パンクなどから影響を受けるが次第にジャズや即興音楽に傾倒。
甲陽音楽学院名古屋校卒業後、ボストンのバークリー音楽大学へ留学。在学中はIan FromanやHal Crook, Bob Gullottiといったニューイングランド地方の著名な教育者/演奏者から音楽的な面に限らず大きな影響を受ける。
同校を首席(Summa Cum Laude)で卒業後、さらにニュージャージーの名門ウィリアムパターソン大学に進学し音楽修士号を取得。同校では日本人としてジャズを演奏することについての論文と、メロディックドラミングに関する論文を作成する。Mulgrew MillerやRich Perryなどに師事。NYを中心に活動したのち2011年9月に活動の拠点を日本に移す。
教養に裏付けられた深く洞察量溢れる揺るぎないドラミングは多方面から高い評価を得て数多くのユニットで活動中。

Ryo Noritake:

Born and raised in Nagoya, Japan.
After graduating from Koyo Conservatory in Nagoya, Ryo moved to Boston in 2005 to attend Berklee College of Music. While in Boston, he met great mentors..great Hal Crook, great Ian Froman and great Bob Gullotti. They influenced him in so many ways.
Following his graduation from Berklee with summa cum laude (B.M. 2008), Ryo worked as a staff accompanist at Berklee’s voice department and piano department for a year.
On September 2009, he moved to NY area to attend William Paterson University to pursue his Master’s degree in Jazz performance. (M.M. 2011) After a brief professional career in NY, he moved back to Nagoya on 2011.