drums & cymbals

使用中の機材、過去に使用していた機材の紹介をしてみます。

DRUMS

SONORLITE 10″TT-12″TT-14″FT-18″BD (20″BD)

ボストン留学中に、多大な影響を受けたIan Froman大先生から譲ってもらったとても大切な楽器。14″FTはタムを改造したものなので深さは12″と少し浅め。20″BDも譲ってもらったのだがあまり使用する機会がない。

厚胴が特徴だったソナーが出した初の薄胴のシリーズで、材質はスカンジナビアンバーチ。スネアとバスドラは12-ply 7mm、タムとフロアは9-ply 6mm。持ち運びが楽だから今となってはこちらを東京に持ってきた方が良い気も。

SONOR HILITE 10″TT-12″TT-14″FT-18″BD (13″TT)

ソナーライトは名古屋に置いてきたので、東京に来て数年の後、某SNSのソナーファンページにて発見し購入。はるばるスペインからやってきた情熱的な赤色のドラム。

ハイライトはソナー初のメイプルシェルのシリーズ。登場はソナーライトより後なのだが、胴はこちらのが厚く全て9-ply 7.5mm。ラグと胴の接地面積が少なくなるように設計されているのだが、上下のラグがつながったいわゆるハイテンションラグ仕様になっている。胴の厚さと金属の量の多さからかソナーライトより重い気がする。

Sonor LD547xMB

ソナーライトのスネア。ドラムセットと同じくスカンジナビアンバーチの化粧板。入手時は内面あたり、ダイキャストフープに改造されていたものを全面あたり、上下オリジナルのプレスフープに変更。深さが7-1/4″あるのでオープンながら深い音色がお気に入り。

Sonor D516PA

ソナーといえば、みたいな代名詞的なスネアかもしれません。フォニックシリーズのローズウッド化粧板、深さは6.5″のモデル。ヨーロピアンビーチの12-ply 10.5mmというスペックで、近年はダイキャストフープが標準ですが、オリジナルのプレスフープのタイプです。以前にダイキャストのモデルも使ってましたがそれに比べれば音の硬質さは和らいだ感じ。(それでも薄胴のスネアに比べると硬い)

Sonor D505

フォニックシリーズのフェローマンガンスティール、深さ5-3/4″のモデル。Centennial Badgeと呼ばれるソナー100周年のバッジがついている。意外にも柔らかい音がするのだがなかなかお気に入りのスポットが見つからない。またチャレンジしてみようかな。

Gretsch G4155

グレッチの6.5″のスネア。バッジの見方がよくわからないけど80年ごろのものっぽい。全部USA製のもの。台湾製フープとは微妙に違うらしいのだがグレッチのスネアはあまり叩き比べたことがないのでよくわかりません。メイプル6-ply。ジャズに馴染むし、使いやすい。

Ludwig LM410

Super Sensitiveと言われる全面あたりのモデル。ラディアロイ(Ludalloy)という合金で作られたシェルが使われている。明るいオープンな音がする、とても使いやすいスネア。

CYMBALS

シンバルは膨大な時間がかかりそうなのでまた後日。