最終回。

実際の人生において
最終回ってのは
いつ来るかわからない。

ドラマみたいに
来週で最後とかそんなんじゃない。

なんかごく普通だった”あるもの”が
ある時から普通じゃなくなって

そしてふと気づいた時に

「あ、あの時が~した最後だったな。」 
とかそんな感じ。

当たり前の日常って
それがずっと続くものだと
心の何処かで思っちゃっているのかも。

今まで何気なく過ぎていってた
当たり前の日常こそ
大切だったんだよなぁと思った、今日この頃。

東京旅行+αと自己想起。

金、土と一泊で東京に行っていろんな友達と会ってきた。

バンド仲間、高校三年の時のクラスの仲間、専門時代の仲間、
高校のバンド仲間であり僕にとても影響を与えてくれた仲間。

短い滞在時間だったけどいろんな場所に行った。

東京の電車はワケがわからん。

教えてくれたみんな、ありがとう。

そして土曜の夕方名古屋に戻ってきた後は専門の集まり。

で、さっき帰宅。

音楽のもとにあつまった仲間ってなんかいいなぁと思う。

今回いろんな人たちに会って、自分のしてきた洗濯は、じゃなくて選択は完璧だったとは言わないけど、間違ってはなかったなぁと思った。なんでだろう?

い~や、とにかくそう思うの!

あと、こうやって忙しくしてると負のエネルギーってどっか行っちゃうなとも思った。いいことだね。

自己想起について、

最近キースジャレットの影響でグルジェフっていう人に関する本を借りてきて読んでます。三冊借りたんだけど、とりあえず一冊は読破。
なんかミュージシャンてけっこう麻薬とか酒とかタバコとかコーヒーとか(これ微妙)まぁまとめてドラッグだね、そういう外の力に歴史的に結構頼ってきた部分があると思うんだけど、僕はそういうのどうかなと思うんだよね。まぁ手っ取り早いんだろうけど。

僕は人間はトレーニング次第で自分の中のもっと深い所に行けるようになると思うし、普通に考えて不可能っていえるような所まで自分を高めることって出来ると思う。
だから僕は外の力になるだけ頼らずにそういうぶっ飛んだとこに行きたいんだけど、その手始めとしての「自己想起」

自分が今、何をしてるかを常に忘れないこと。

ちょっと意識してみます。

部屋。

こんなこと、今更だけど。

久々に実家に帰ってくると、まぁもちろん自分の部屋だった場所で寝たりする訳ですよね。

もちろんこっち出る時にだいぶん整理したから日本で生活してたときよりかは断然スッキリ(っていうか殺伐として生活感がない感じ?)してるけど、使ってた机とかいろいろ本とかそういうのは少しだけ残ってるんです。

それで今日なんとなくガサガサやってたら中学終わりくらいから高校終わりくらいまでの写真が入ったアルバム?みたいのが出てきました。学校の写真とかライブの写真とか。

ん~若いですね!
そして学ラン。もっかい着たいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんかそうやって昔のものを見つけるたびにはぁ~って懐かしくなる一方でこの先大丈夫かな、って不安になったりする。

あと一年、何が出来るかなぁって。
自分で見つけてかなきゃ!

それと、いいのか悪いのかわからないけど、最近音楽に対する執着が薄くなって来たような気がする。
情熱はもちろんずっとあるけど、なんか余分な力が抜けた?のかな。
「音楽って別に全てじゃないよなぁ」と当たり前だけど再認識というか。。。

なんだろう。

内側か外側、それとも両方?

今日はまたレッスンの日で内容がすごく楽しかったのでちょっと紹介します。。

ビートの内側にいながらどうやって外側に行くか?ってことでした。

ある一定のテンポの中にいながら全然違うことするというような感じ?

これはある意味ドラマーじゃない人たちが外側でソロしたりするようなことのドラム版だな、と一人で思ったりして。

自分の内側のパルスと実際に音にする部分をいかに切り離せるかって事でした。

いってみれば二重人格?になるような感じ。

このセメスターもうずっとズローテンポばっかやっててなんだかもどかしくなって来てたけど、まとめの部分がとっても興味深い内容でがんばったかいがあったなぁって感じです。

子供のようにドラムを叩くライオンのように?

今の僕に足りないのは「子供のようにドラムを叩くライオンのように演奏すること」だって言われました。

要はもっとイマジネーションと攻撃的な面がいるってことです。

前の日記に書いたことと若干リンクしてると思います。

でもドラマーじゃないようにドラムを演奏するのって難しい。。。