演奏の本質的なところ

つかめたと思ったらまたわからなくなって、わからないなりに色々試行錯誤してるとまたわかってきて、の繰り返し。

上手くいくときといかない時の違いは一体なんなんでしょうか。でもそもそも自分が上手く行っていると思っている時、他の人は上手くいってないと思っていることもありうるわけで。

2月に共演したJoeさんに、The Inner Game of Musicという本を読んでいると言ったらPaul Bleyのインタビュー集があってそれがとても良いと教えてくれて、その引用を送ってくれた。それについてのやり取りをしている時にさらにHal Galperというピアニストの文章も送ってくれて、そのソースを見つけたのでみなさんにもシェアしたいと思います。別にふだん演奏前にめちゃ緊張するとかそういうことはないですが。

僕は演奏中は音楽の中にいつつ、できるだけ客観的に外側から自分の演奏を聴きたいという意識で演奏してきました。でもHal Galperさんは、このページの中で人間の脳はそんなことはできませんとはっきり書いています。なんかこんなにはっきり言い切られるとすっきりしますね笑 でも「はい、そうですか」とそのまま納得するのはちょっと悔しいので、彼の文章を読んでから自分で実験してみています。

その経過についてはまた後日書きたいと思います。

いよいよ暑くなってきました。

先週の茨木・高槻は天候にも恵まれて自分の演奏はもちろん、たくさんの方々の演奏を聴けてとても刺激になりました。やっぱり人の演奏を生で聴くって大事ですね。

さて、来週は小林桂さんのグループで静岡で演奏します。このグループで静岡で演奏するのは僕は初めてなのでとても楽しみです!

詳細は⇩⇩

小林桂カルテット 静岡公演!
〜珠玉のスタンダード〜

2019年5月17日(金)
会場: 静岡LIFE TIME
Vo.小林桂 P.田窪寛之 B.池尻洋史 Ds.則武諒
Open 18:00 Start 19:30
前売り ¥7,500 当日 ¥8,000
(1ドリンク付き)
ご予約・お問合せはお店まで!
054-250-0131
https://www.fugetsuro.co.jp
静岡県静岡市葵区紺屋町 11-1

お会いできるのを楽しみにしています!

Words of wisdom

http://www.chuckbraman.com/paul-motian-interview-discography.htmlから抜粋

Chuck: When I listen to you play free, I can tell you obviously find clear ideas to play and I can follow your thinking. But some other drummer playing in the same situation might say, “This music sounds good, but what in the world could I ever play to it?”

Paul: Well, thank god I don’t never think about that. I don’t think like that. I just let it happen. I just go by what I hear and I just let it happen.

Chuck: So you’re not self-conscious…

Paul: No. I’m acting on what I’m hearing and what I’m doing.

Chuck: You have a clear idea of what you should do and shouldn’t do.

Paul: It’s not like what I should do or shouldn’t do, it’s what I do. And I have enough faith and confidence in myself and what I do that it’s right. If I start thinking about what I should do and I shouldn’t do, it would suck. It’s like the story Jimmy Garrison told me about the centipede. He’s walking along on the branch groovin’, and then some fuckin’ monkey looks at him and says “Hey, man, look at how you got all them legs, man, how do you know which leg to put down first?” And as soon as he says that, the motherfucker trips and falls off the tree. It’s the same thing. You can’t stop to think about that shit.

Once when I was playing with Charlie Haden, I told him that I couldn’t really get with the music, I can’t find what it is that I should do, whether I should play time or I play free. And Charlie said to me, “well, you’re the one that can do it and whatever you do, you be in control, you do what you think is right, I’m going to take it from what you’re doing.” In other words, instead of me thinking about what I should do or what I shouldn’t do, I should just do, and everything will be OK. And that’s what happened. When I was thinking about what I should do and what I shouldn’t do, shit wasn’t happening. Wasn’t happening, man. After I talked to Charlie and he said to me whatever I do is OK., and I should be in control, then I felt free to do what I wanted to do. And as soon as I did that, everything fell into place. Shit was swinging like a motherfucker.

Chuck: Are you switching over from your conscious mind to your subconscious mind?

Paul: Yeah, in a way. In others words, when something starts happening and I start playing time, I’m not debating in my head, “well, I should play time now or I shouldn’t play time.” I just go ahead and do what I feel I should do. And when I do that, it happens, everything falls into place. If I feel like playing a rumba beat on a fuckin’ tom-tom, that’s what I do without thinking about it, it’s OK!

Chuck: So it sounds like the key is to get rid of any sort of deliberation.

Paul: Yeah. Definitely. Definitely, man. Oh yeah. Sure. As soon as you start deliberating and thinking it’s that story I just told you, man. That’s the key. Definitely.

ピュア

今日はコーラスの方々と一緒に演奏でした。舞台袖で聴きながら、中学の時に合唱コンクールでピアノ伴奏したの思い出していました。合唱がさかんな中学校だったけど、そういう学校でよかったなぁ。聴いていてコーラスって本当にいいなぁと思いました。みなさん温かい方ばかりでとても良い経験でした。

好きなことを仕事にした時にそのことに対してピュアであり続けることは一番大切だけど、一番難しいことのような気がします。なんか悔しいけど、でもその葛藤がより良い音楽を生むのかなぁ。そう思うことにします。