お詫び

この度コロナの濃厚接触者になったため、しばらくの間自宅待機となり、それに伴い以下のライブの出演を見合わせることになりました。各グループのリーダーの皆様、共演者の方々、お店のマスター、お客様、関係者の皆様大変申し訳ありません。

11/28(土) 小林桂クインテット @ コットンクラブ → ドラムが平瀬祐人くんに変更になりました

12/01(火) 吉本章紘カルテット @ そるとぴーなつ → ライブ中止になりました

12/02(水) 柳隼一トリオ @ ピットイン昼の部 → ドラムが中村海斗くん、ギターに荻原 亮さんが加わりカルテット編成で行われます

12/02(水) 大石学トリオ @ サムタイム → 大石さんと米木さんのデュオで行われます

12/04(金) 柳原由佳トリオ @ 配信ライブ → 由佳ちゃんと吉輝くんのデュオで行われます

12/05(土) かみむら泰一 返礼「Ornette Coleman Double Quartet」@ ピットイン昼の部 → ドラムが林頼我くんに変更になりました。(こちらのグループは元々ドラマー二人の編成ですので白石美徳くんと林頼我くんのダブルドラムで演奏されます。)

また11/29(日)名古屋方面で予定されていた映像収録には杉山寛くんがピンチヒッターになってくれました。

予定されていた公演に出演できないのは大変残念で申し訳ないのですが、同時に、たくさんの方々に支えられて日々過ごしているということを改めてしみじみ実感しています。

確認中のライブに関しては分かり次第アップしていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

YouTube 追記

ドラムでのオムニブックの練習について、演奏してる動画が皆無みたいな書き方をしてしまったのですが、もう少し検索してみるといろいろと発見しました。みんなオーケストレーションの仕方や音符の表現の仕方が違って興味深かったです。

SNSにも書いた通りユーチューバーになるつもりでやってるわけではないのですが、それでもチャンネル登録者や視聴回数が少しでも増えると嬉しいもんですね笑

完全に踊らされてますが、いい演奏をして動画をアップすることのモチベーションにつながるので、それもまた良しということで。

YouTube

自粛期間中何もできなかったと思ってましたが、結局今でも半分自粛期間みたいなものなので、計画していたことをカタツムリの如くゆっくりなスピードで進めています。

目に見えることとしては、今はYouTubeやinstagramにジャズレジェンドであるチャーリーパーカーというサックス奏者の演奏をドラムで演奏したらこんな風になります、という動画のシリーズをアップしています。大体週に2曲あげれたら上出来かなと思います。

ジャズドラマーの間ではオムニブックを練習するのはそんなに珍しいことではなくなってるみたいなのですが、参考になる動画があまりない、というかそもそも動画自体がないので(わざわざ練習動画をあげる人は少ないか、、とも思いますが。)、練習する人の参考になればという気持ちでアップしてます。

YouTubeにも書いたのですが、ボストンにいたときに習っていたBob Gullotti氏のレッスンはオムニブックを練習することで有名で、初めて見せてもらった時は本当にびっくりしました。曲のメロディ(ヘッド / テーマ)の部分だけドラムで演奏するってのはよくあるけどソロの部分までこんなに表現できるものなんだなと。

自分が彼のクオリティでできている気は全くしないのですが、こういうメロディをインプライするタイプのメロディックドラミングってそもそも正解はないと思うので、ひとつの例として見ていただければと思います。

名古屋ブルーノート

先日、名古屋ブルーノートの廃業が決まったというニュースが飛び込んできました。

バークリーに行く前に通っていた甲陽音楽学院名古屋校の卒業コンサートで初めて舞台に上がり、ここ数年では小林桂さんのグループで出演させていただきました。

桂さんのグループで名古屋ブルーノートの舞台に上がった時はとても感慨深く、学生、留学、帰国後の活動を経て、音楽に生きるものとして戻ってこれたことが大変嬉しかったです。

日本の母校、甲陽音楽学院名古屋校ももうなくなってしまいましたし、名古屋ブルーノートも廃業となり思い出の場所がこうしてなくなっていってしまうのは大変寂しいことですが、自分の中にしっかり記憶として留めておこうと思います。ありがとうございました。

なかなか思うようには時間を使えない毎日ですが、これからもさらに精進します。