日常とライブ

僕にとってライブは非日常だった

高校生の頃、ライブの日ってすごく特別で

前の日は早めに寝たり

当日はモチベーション上げる為にいろいろした

1回1回にすごく気持ちを込めてた

“何月何日にやった”って言えるライヴもある

特別な思い入れがあったライヴとか

特別なことが起こったライブとか

それが次第に日常になっていった

ライヴの日が特別じゃなくなっていった

何月何日にやったなんて全然覚えてない

プロのミュージシャンになったら

日常がライブなんだろう

というかライブが日常なんだろう

でもそれは日常である非日常であり

非日常である日常なんだろう

日常の生活の一環になっている演奏活動を

いかにして特別な存在のものとして扱い続けるか

いかにして自分の中でスイッチを切り替えれるか

。。。。。。。

——————————————–

ライブがまた非日常になりつつある今日この頃、

久しぶりのリサイタルの後にこんなことを思いました。

毎日の生活とすばらしいライブと両立できているミュージシャンはすごい。
先生とミュージシャンを両方やってる人とか、今までは思わなかったけどやっぱりすごいなぁと思う。
仕事でどれだけ疲れててもプロフェッショナルなクオリティーを要求されるもんなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください